住宅ローンの諸費用はどれくらい?

住宅ローンの諸費用について見ていきます。
自己資金が用意できたとしても実はそれだけでは十分とは言えません。
そのほかに、各種の諸費用の準備が必要になってくるのです。
結論から言えば、仲介手数料のかからない新築物件なら購入価格の3%程度、仲介手数料がかかる物件は6%程度と見ておくのが無難です。
仲介手数料は宅建業法では、売買価格の3%にプラス6万円までが上限となっています。
あくまでも法律における上限ですから、交渉によって値引きしてもらえる可能性はありますが、予算の段階ではこの上限を見積もっておくのが安心です。
4000万円の住まいなら、約132万円の仲介手数料になる計算です。
注意しておかなければならないのが、この仲介手数料がかっかるのは中古住宅だけではないという点です。
新築住宅でも、建売住宅の中には仲介物件が少なくなく、その場合には新築であっても仲介手数料がかかってきます。
反対に、中古でも不動産会社が所有している物件であれば、仲介ではなく、直接売主から購入することになりますので、仲介手数料はかかりません。