扶養に入る条件ってなんですか?

日本では国民健康保険の総加入制度が導入してます。
しかし、子ども、老人、学生など収入がない人から保険料を徴収することはできませんよね。
ですから、親族の扶養に入ることになるのです。
※ 扶養に入ることで、国民健康保険証に扶養家族の名前が記載されます。
※ 国民健康保険証に一緒に名前が載っている家族の場合は、扶養家族で健康保険証を使います。
※ ただし、誰もが被保険者になれる訳ではありません。
国民健康保険側に扶養に入るのを認めてもらうには、いくつか条件があります。
(以下参照)※被扶養者になれる親族は、生活の面倒を見ている父、母などの直系尊属になります。
※生活の面倒を見ている配偶者です。
(生活の面倒を見ている子どもや孫、弟、妹)※内縁関係にある配偶者の父母、子どもに関しても同居していれば出来ます。
更に収入の基準に、同居している場合なら年収が130未満でかつ被保険者の半分以下の収入である必要があります。
尚かつ被保険者から受けている援助額以下と言うことです。
その必要があります。
※いつからいつまでの年収と言う設定はありません。
恒久的な収入がなくなる時、直ぐに手続きをして扶養に入ると良いですね。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】