クレジットカードの保険について

財布に入っていると重宝するクレジットカード。
通常何かを購入した際の支払い時にカードを利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。
キャッシングとはどう使う物か?例えば、どうしても現金が必要になった時に提携しているATMよりカードを使用して現金を下ろす事が出来ます。
しかし、キャッシングを行ったら必ず返済をしなくてはなりません。
返す時は利息も含まれるのでACマスターカードや楽天カードなどのクレカを作る時はキャッシングの利息が低い所を選ぶと良いでしょう。
一般カードのようにグレードが低くても旅行保険が付帯しているものが多いので安心して行動できます。
交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。
通常国内旅行よりも海外の方が保険限度額が大きいのですがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。
ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く年間補償額○○万円、という規定を設けている企業もあります。
保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが自動付帯は所有していれば適用されるもので、利用付帯は旅行代金などの支払に利用した場合にだけ適用される保険です。
キャッシュレスで食事やショッピングができるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。
使った金額に応じてポイントがついたりマイルが貯まるブランドもあります。
店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、本人名義の物でなければいけません。
支払で使った金額の清算の方法は所定の引き落とし日に契約した銀行口座から自動で下ろされます。
通常、1回払いで引き落とされますがネットや電話で変更する事もできます。

主婦でもクレジットカード審査に通る?審査基準!【専業主婦の場合は?】